一軒家のリフォームって費用はどれくらい?建替えとの比較

一軒家でリフォームを考えている方の中に「建替えの方がいいかな?」と考えている方もおられるのではないでしょうか。大規模なリフォームになると費用は大きくなりますので、それならいっそ建替えても…と考えるのは自然なことでしょう。今回は一軒家のリフォームの相場と、建替えとの違いをご紹介します。

 

■リフォームをする前に

リフォームをする前に準備として必要なことが3つあります。最初にどのような準備が必要かをご説明します。

・予算をしっかり出しておこう

一軒家のリフォームはかなり自由度がありますが、その自由さを活かそうとして予算を大幅に超えてしまっては大変ですよね。まずは具体的なリフォームの内容を考える前に、リフォームに使っても問題なく暮らせる費用はいくらなのかということを考えましょう。あらかじめ具体的な金額を予算で出しておくことで、リフォームの内容も決めやすくなります。

・法律での規制を知っておこう

いくら一軒家だからと言っても、法律に引っかかってしまうようなリフォームはできません。建築基準法だけではなく、消防法や住んでいる地域での条例をしっかり確認しておきましょう。不安な場合は業者に相談すると、リフォーム内容が法的に問題ないかを教えてくれますよ。

・リフォーム規模によっては仮住まいが必要

リフォームが外壁の塗り替えや水回りの工事だけで済むのなら問題ありませんが、間取りの変更や耐震リフォームでは仮住まいが必要になります。大規模なリフォームの際は工期中、問題なく暮らせる場所をあらかじめ探しておくことをおすすめします。

 

■リフォーム内容で費用は大きく変わる

リフォームに必要な費用は、リフォームの内容や、変更した設備のグレードによって大きく異なります。ここでは3種類のリフォームの費用についてご紹介します。

・部分リフォーム

部分リフォームは名前の通り、一軒家の一部分のみをリフォームすることです。水回りやリビングなど、同じ部分リフォームであっても費用には大きな差がありますが、高くても500万円程度になります。

・リフレッシュリフォーム

リフレッシュリフォームとは外観や設備、内装を含むすべての箇所のリフォームですが、床や壁、天井は極力壊さないよう工夫してくれます。そのため、間取りの変更もほとんど行われることはありません。費用は大体500~1000万円になります。

・リノベーション

間取り変更、耐震補強、断熱工事はこのリノベーションになります。床や壁、天井を壊し、骨組みだけを再利用するので費用もそれなりにかかります。相場は大体1000~2000万円になります。

 

■リフォームと建替えの差

最後にリフォームと建替えの差についてご紹介します。それぞれのメリットとデメリットも簡単に説明しますので、どちらにするか悩んでいる方はそれらを踏まえて比較していただけると参考になると思います。

・リフォームのメリットとデメリット

全面リフォームについて

一軒家のリフォームで全面リフォーム(スケルトンリフォーム)をする場合、柱や梁はそのまま元の構造を使いますが、それ以外の部分は全てリフォームします。スケルトンリフォームはリフォームの中でもかなり高額な部類のリフォームになります。

建替えに比べると割安

建替えと比べると工期が短く安いというメリットがありますが、住宅の基礎をそのまま使用することになるので解体作業が全て手作業になり、人件費だけを見ると割高になることもあります。それでも建替えとスケルトンリフォームではまだ建替えよりも費用を抑えることができます。

間取りの変更ができないことも

また、既存の構造や間取りに変更を加えたくても基礎の構造上、自由にできないというデメリットがあります。特に水回りなどは配管の関係で移動がしにくいこともありますので、事前に業者とどうするかをしっかり打ち合わせで話し合っておきましょう。

築年数が古いと補修や補強が必要なことも

築年数が古いものほど補修や補強が必要になるので、場合によっては建替えと変わらない金額になってしまうこともあります。特に耐震性・断熱性の向上をする場合は費用が増える傾向にあります。事前に物件の築年数を確認して、耐震性に問題がないかなどを調べておきましょう。

リフォームでは仮住まいを探さなくていいこともある

新築の物件を建てる場合、工期の間は他に仮住まいを探さなくてはなりません。通勤やお子さんの通学、周辺施設なども調べておく必要があるのでお金も手間もかかります。しかしリフォームは、場合によっては住宅に住み続けたまま工事ができることがあるので、仮住まいを探す手間や費用がかからないという面もメリットになります。

・建替えのメリットとデメリット

丈夫な住宅にできる

建替えは建物を全て解体し、古くなったり傷んだ建造剤を全て変えることができます。また、地盤や基礎の状態を確認して適したものに替えることができるので、住宅によっては耐震改修や断熱改修をする場合は建て替えの方が良いかもしれません。

間取りの自由度が高い

建て替えの場合は全面リフォームよりも自由度の高い間取り変更や設計点の変更もできますので、完全に別の家にしてしまいたいという場合は建替えの方が良いでしょう。

コストがかかる

解体費用と新しく住宅を建てる費用が必要になりますので工期が長く、工事費用もかなり高額になってしまいます。まだ使える建築材や、最近リフォームを行った場合はそれらも全て使えなくなってしまうという点もデメリットになります。

通勤・通学が面倒

リフォームとは異なり工期の間は仮住まいが必要になるので、仮住まいの場所によっては通勤や通学の手段を新たに考えなければならないことがあります。建て替えは半年程度の工期が必要になりますので、建替えをする場合はそういったこともしっかり考えておかないといけません。

結論を言いますと、費用や工期の長さを考えるのであればリフォーム、長期的なことを考えると建替えの方が良いかと思います。リフォームであれ建替えであれ、とりあえず一度住宅の状態を把握して業者に相談してみるというのもおすすめです。

 

一軒家のリフォームは自由度が高くなりますが、建替えに比べると様々な制限もあります。住宅の状況を見直し、どのような工事がもっとも適切かを考えましょう。