水回りのリフォームの相場は?費用を抑えるコツ

住宅には生活に必要不可欠な水回りがありますよね。使用頻度が高い水回りはリフォームが必要になることが多い場所です。快適な生活を送るには水回りの見直しは大切なことですが、費用はできるだけ抑えたい!と考えている方のために、今回は水回りのリフォームの相場と、リフォームの費用を抑えるコツについてご紹介します。

■4種類の水回りリフォーム相場

最初に水回り(キッチン、浴室、洗面台、トイレ)のリフォームにかかる費用の相場についてご説明します。部分的にリフォームをしたいと考えている方は参考にしみて下さい。

・キッチンリフォーム

キッチンのリフォームは水回りの中でも費用に差が出やすくなっています。その理由はキッチンを対面式にしたりハイグレードなものを選んだり、オプションを付けるかで費用が変動するからです。キッチンのリフォームでは大体50~150万円での価格帯で工事をする人が多くなっており、ガスコンロのみの変更や蛇口と流し台の変更のみであれば30万円まででリフォームが可能です。100万円以上のリフォームでは対面式やオープンキッチンへの変更が可能になります。

・浴室リフォーム

浴室のリフォームはキッチンリフォームの次に費用差が出やすいリフォームです。浴室を丸ごとリフォームする場合は100万円近く費用がかかることがあります。浴室に乾燥機を取り付けたり、手摺りを付ける場合は50万円以下でのリフォームが可能です。バリアフリー用のリフォームであれば補助金が出ることもあるので、バリアフリーリフォームを考えている方は一度補助金制度について調べてみましょう。

・洗面台リフォーム

洗面台のリフォームは水回りのリフォームの中でもっともリーズナブルに行うことができます。ハイグレードなものを選ぶと100万円近くなることもありますが、スタンダードなグレードでは20万円程度で変更することが可能です。また、洗面台ではなく収納棚の変更やシャワーヘッドの取り換えなどは数万円で行うことができます。

・トイレリフォーム

トイレのリフォームは便器のグレードによって変動します。人気のタンクレストイレは20万円台から選択可能ですが、機能性も重視したい場合は30万円以上することもあります。クロスの張替えやウォシュレットの設置だけなら数万円で行うことができるので、トイレも水回りのリフォームの中ではリーズナブルに行う事ができます。

 

■お得なセットリフォームのメリットとデメリット

複数箇所の水回りリフォームを考えている方にはセットリフォームがお得になります。ここではセットリフォームのメリットとデメリットについてご紹介します。

・メリット

最大のメリットはやはり価格が抑えられるということです。水回り工事は施工費や資材の搬入にかかる費用が安く、比較的早く終わらせることができるので、安く利用できます。業者が人気のある商品を大量に仕入れてセットにしているので、設備の仕入れ代もお得です。一気に水回りをリフォームしたいのであれば、検討してみてもいいかもしれませんね。

・デメリット

デメリットとしてはセットになっているため、商品選択の幅が限定されてしまうということです。最新の設備を投入したくても、型落ちした商品がセットになっていたりすることがあります。絶対にトイレはこの色がいい!と思っていても、その色が選べるかはわかりません。こだわりがあるようなら、セットリフォームは向いていないかもしれませんね。事前にセットリフォームの内容について業者に確認してから選んだ方が良いでしょう。

 

■水回りリフォームの費用を抑えるコツ

最後に水回りリフォームでコストを下げたい方に向けて2つの方法をご紹介します。

・グレードを下げる

絶対にこのグレードじゃなきゃ嫌!という強いこだわりがある方には向きませんが、グレード選びというのは費用を抑えるという部分で非常に重要です。たとえばユニットバスのグレードで一番高いものを選べば軽く100万円を超えますが、スタンダードであれば40万円程度で済みます。ハイグレードのユニットバスは130万円のものもありますし、費用を抑えたいのであればある程度妥協するということも必要かもしれません。

・次世代住宅ポイント制度を利用する

どうしてもグレードを下げたくないという方でも、次世代住宅ポイント制度を利用するという方法があります。リフォーム費用を下げることはできませんが、リフォームで得たポイントで様々な商品と交換することができます。ただしポイント発行に期限があったり、予算が決められているので、リフォームまでにあまり時間をかけると制度が終了してしまうことがあります。申請に関する手続きなども必要ですので、詳しく知りたい方は一度調べてみることをおすすめします。

 

水回りのリフォームは、数あるリフォームの種類の中でも特に利用されることが多いです。減税制度や補助金を使えばお得にリフォームすることもできますので、どのような制度を利用できるか調べてみてください。不明なことがあれば業者に相談したり問い合わせれば解決できるかもしれませんよ。