リフォーム済み住宅って何がいいの?知りたいメリットとデメリット

リフォーム済みの中古物件を購入しようと検討している方はいらっしゃいますか?自分が住む前にリフォームが終わっているということは、すぐに快適な暮らしができるんだ!と考えている方は少し待ってください。本当にリフォーム済みの住宅がいいとは限りません。今回はリフォーム済みの住宅のメリットとデメリットについてご紹介いたします。

 

■リフォーム済み物件について

最初に「リフォーム済み物件」と「フルリフォーム済み物件」の注意点をご紹介します。

・リフォーム済み物件とは

前に入居していた住人が退去した後にリフォームされた物件、もしくは不動産会社が中古物件を買い取ってリフォームした物件のことを指します。

リフォーム済み物件で多いのは水回りの交換や壁紙・フローリングの張替えなどの工事で、きれいな状態にされています。一戸建てのリフォーム済み物件では外壁の塗装や断熱性を高めたものなど、様々な状態のものがあります。

・フルリフォームされた物件は要注意

たとえ見た目が新築のようにきれいでも、見た目だけで判断するのは危険です。きちんと住宅の見えない部分まで修繕が行われているのを確認するようにしましょう。築年数が古い物件の場合、床下など下素材の交換、配水管の交換がされているかの確認をしておいてください。交換がされていないとせっかく購入しても数年で不具合やトラブルを招く危険があります。

 

■リフォーム済み住宅のメリットとデメリット

リフォーム済み物件を購入する場合のメリットとデメリットをご紹介します。リフォーム済みの住宅を探している方は参考にしてくださいね。

・メリット

自分でリフォームをする必要がないので、資金計画が立てやすいというのが大きなメリットです。また、一般的に住宅を新築で購入する場合や自分でリフォームをする場合は業者との打ち合わせや工事などの時間がかかるという手間があります。リフォームの内容によってはすぐに住むことができませんが、すでにリフォームされた住宅ならすぐに入居できるので、仮住まいなどの心配も必要ありません。

住宅によっては新築のようなきれいな住宅に、新築住宅を購入するよりも安く住むことができるのも魅力的ですね。

・デメリット

先述した通り、見た目のきれいさで住宅を購入すると思わぬ不具合が発生する恐れがあります。リフォーム済みの住宅を購入する場合は必ず見た目だけでなく、今までどのようなリフォームがされたのか、構造上必要な耐震や断熱の補修や補強が行われているかをしっかり確認しておきましょう。築年数が20~30年くらい経過しているものは断熱性が不十分な住宅が多いです。

構造体の老朽した部分に適切な補強を行われているかを確認することがリフォーム済み住宅を購入する上で非常に重要なポイントです。

 

■中古住宅を買う時のポイント

ここでリフォーム済みの住宅や中古の住宅を購入する場合の注意点を4つご紹介します。ぜひ物件購入に役立ててください。

・リフォーム前の物件がおすすめ

リフォーム済みとリフォーム前の物件ならリフォーム前の物件がおすすめです。その理由は、悪いところがすぐに分かるからです。見た目がきれいなリフォーム済み住宅は初見は好印象を抱くでしょうが、リフォームがされている分、悪いところに目がいかなくなってしまいますので、構造上の不具合が分かりづらいです。

・保険の加入状況

住宅瑕疵保険、リフォーム瑕疵保険をご存知でしょうか。これらの保険に加入している場合、住宅に問題がなく、5年間の保証期間があるという証明になるので、住宅購入者にとっては非常に安心できる材料となります。もし住宅を販売している業者が倒産していても、この住宅瑕疵保険に加入していれば補償請求を行うことができます。

・耐震基準の確認

1981年6月以前の建物は耐震基準が古く、現在の耐震基準を満たしていないことがあります。特に表面上きれいにリフォームされた住宅は注意が必要でしょう。表面だけきれいにして耐震性が低いままの住宅もあります。築年数が35年以上の住宅は地盤調査がされていない可能性もあります。また、給排水管や配線などの細かい部分も古くなっていると瑕疵保険に入っていても保証期間を過ぎてからトラブルが起こる可能性があります。

住宅のリフォーム後の状態を詳しくチェックしておきましょう。

・リフォームをしている場合は内容をチェック!

リフォームをした住宅は内見をしても表面的な部分しか確認ができません。そのため、物件を販売している業者に今までの工事やリフォームの履歴を確認したいと言ってみましょう。きちんと工事の様子がまとめられている物件は販売業者がしっかり管理しているということなので安心して購入ができます。他にも「ホームインスペクション」という住宅診断を利用する方法もあります。中古住宅の購入は現在の状況を確認することが重要です。

リフォームを自分で行う時は直したい部分が明確になっていますが、先にリフォームがされている場合は本当に悪い部分を全て直してあるのか不安になりますよね。

安心して中古住宅を購入するためにも、リフォーム済みの住宅は目に見えない部分まで細かくチェックしましょう!