【リフォームの際におすすめ】失敗しない壁紙選び

壁をリフォームする際に選ぶ壁紙、自分の部屋を綺麗に見せるためにもできる限り、素敵なものを選びたいものです。しかし、どんなものを選んで、部屋づくりをしていけばいいのか解らない方もいるかと思いますので、今回は部屋を美しく見せる壁紙選びのコツを紹介していきたいと思います。

 

■壁紙リフォームの費用相場

壁紙にも種類があり、様々な住宅で一般的に使用されている「スタンダードクロス」、デザイン性に富み、バラエティも豊富な「ハイグレードクロス」の2種類が主流です。2つのクロスの値段相場を見ていきましょう。

 

・スタンダークロス

こだわりがなく、費用を抑えたいという方にはシンプルなスタンダードクラスがおすすめです。単価が低く、賃貸撤去時にも壁紙貼り換えなどの必要がありません。

 

スタンダードクロスの費用相場

・6畳の場合:4.5~5.4万円

・8畳の場合:5.4~6.5万円

・10畳の場合:6.4~7.7万円

・12畳の場合:7.0~8.4万円

 

・ハイグレードクロス

ハイグレードは色柄も豊富でオシャレな空間を演出したいという方にはおすすめです。機能性も充実していて、キズに強く、汚れもふき取りやすい。消臭機能などもあり、調湿機能なども備えているクロスもあるので、衛生面もバッチリです。スタンダードと比較しても、デザイン性・機能性が富んでいるので、費用も高めになっています。

 

ハイグレードクロスの費用相場

・6畳の場合:6.3~7.2万円

・8畳の場合:7.6~8.6万円

・10畳の場合:8.9~10.2万円

・12畳の場合:9.8~11.2万円

 

・壁紙リフォームをする際は比較検討が重要

リフォーム会社は星の数ほどあるので、どれを選んだらいいのかも迷うポイントです。悪質な工務店に引っかからないためにも、複数の会社の口コミや取材内容を比較して、優良店かどうかを見極めましょう。

 

現在は、リフォームガイドなど、リフォーム内容や、趣向に合わせて、会社を紹介するという便利な紹介サイトも多数存在しています。金額や内容も大事ですが、口コミの情報を見て、本当に安心できる会社なのかをしっかり比較検討しておきましょう。

 

・別途費用が必要なケース

 

年数が経過した壁にはカビや不注意で付けてしまった穴、ヒビが入っているケースが考えられます。その場合は下地を補修する必要があるため、業者から別途で費用を請求されてしまう可能性が高いです。

 

部屋が6畳ほどの場合は2~3万円ほどかかってしまうので、業者に現地調査をしてもらい、正確な金額を把握しておきましょう。

 

因みに家の築年数が30年を経過している場合、壁の下地もかなり劣化している可能性があり、下地ごと新しくする場合には7~10万円以上請求されてしまうケースもあります。

 

■壁紙選びのコツ

壁紙を使って、素敵な空間を作りたいという方のために、壁紙を選ぶ際に大切なコツをまとめました。是非、参考にしてください。

 

・インテリアテーマを決める

まずは、部屋のインテリアテーマを決めて、そのテーマに合わせて壁紙を決めましょう。木の温もりが心地いい北欧系・シンプルな色合いで統一されたナチュラル系・シックで格好いいモード系など、部屋の種類はそれぞれあります。

 

テーマにそぐわない壁紙を選んでしまうと、部屋全体が浮いているような見栄えになって、過ごしにくい雰囲気になってしまいます。インスタグラムに載せられるような素敵なお部屋作りをしたいなら、テーマ性は必要です。

 

・床材やドアの色調と合わせる

広範囲なリビングの場合、床やドアの材質と壁紙の色によって、受ける印象も異なります。濃い色のフローリングにダークカラーの壁紙などを合わせると、重たい印象が強すぎるので、白などのシンプルでやわらかい色を取り入れましょう。部屋に解放感が生まれます。

 

壁紙を選ぶ際は、単純に好きな色や機能性で選ぶのではなく、バランスを考えることが大切です。

 

・明るくシンプルなカラーと柄

ファッションと同じく、配色は明るくシンプルな1、2色におさえておけば、上品な印象を与えることができます。色が多いと、家電や家具にもマッチしづらくなりますし、ちぐはぐな印象になりやすいです。柄も、無地か地模様のものを選ぶようにすると部屋に解放感が生まれます。

 

・汚れに強い壁紙を選ぶ

人が出入りすることの多いリビングでは日常的に汚れや臭いが付きやすいので、リビングには汚れ防止や消臭機能のあるハイグレードクロスを用いるのがおすすめです。

 

ペットなどがいても、比較的汚れにくいですし、長く使っていくなら多少費用はかかっても汚れにくいものを選ぶのが素敵な家づくりのコツです。

 

・天井の色はワントーン明るく

天井の壁紙は壁面よりも白くして、明るくすることによって、部屋に奥行きがでます。天井と壁面に同じ壁紙を張ると、よりすっきりとした解放感を得られるので、バランスを考えましょう。

 

 

まとめ

壁紙は部屋の印象を決める大きな要素です。決める際は単純なデザイン性だけでなく、本当に自分の部屋に合っているのか。汚れ防止などの機能性はどうなのかということをしっかり把握して選ぶと、素敵な部屋ができあがります。